• 新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した…
  • 中国河北省の第8陣湖北省支援医療チーム175人が21日、石家荘正定国際空港に集合し、特別機で武漢市に向かった。現地で救急医療支援活動を行う同チームは、河北省内63カ所の医療機関から、主に呼吸器科、重症科、救急科の医療専門家で構成される…
  • 福建省の武漢支援物資として第1陣300トンの野菜が中鉄特殊貨物コールドチェーン専用列車で福州東駅から輸送された…
  • 2月10日、北京各区で企業が次々と業務を再開している。新型コロナウイルス関連肺炎の予防対策を徹底するため、北京公交集団は運営車両および作業場所の消毒、換気などを強化し乗客に安全な交通サービスを提供している…
  • 中国河北省はこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を支援する一連の措置を発表した。企業の雇用調整や原料確保、財政・税務に関する金融支援などを通じて製造企業の生産能力拡大を支援し…
  • 人民網が国家衛生健康委員会のデータに基づいて集計したところによると、2月16日0時から24時にかけて、中国全土の湖北省以外の地域で新たに新型コロナウイルス感染が確認された人は115人と、13日連続で減少傾向がみられた…
  • 2月16日0時から24時にかけて、国家衛生健康委員会が31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団から報告を受けた新型コロナウイルス感染による肺炎患者で、現在も治療を受けている患者数は計5万7934人…
  • 中国湖北省武漢市の新型コロナウイルスによる肺炎の患者を専門的に受け入れる病院「火神山医院」で13日、医療スタッフの適切な治療により病状が回復した患者7人が退院した…
  • 11日夜、鐘南山院士は「新型コロナウイルスの潜伏期間は24日」とする説について取材に応じ、次のような見解を示した…
  • 中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県では新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、同県人民医院の遠隔立ち会い診察システムを利用し、県内12の郷・鎮で連日発生している発熱症例について、複数の医師が遠隔で診療を行っている…
  • 2月11日0時から24時にかけて、国家衛生健康委員会が31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団から報告を受けた新型コロナウイルス感染による肺炎患者で、現在も治療を受けている患者数は計3万8800人…
  • 約1万人の建設作業員が昼夜問わず建設を進めた結果、新型コロナウイルス感染による肺炎感染が確認された患者を専門に受け入れる、湖北省武漢市の仮設病院・雷神山医院が今月6日に、同市の都市建設、衛生・健康当局の検査をクリアし、第一陣の医療従事者がすでに到着…
  • 2月10日0時から24時にかけて、国家衛生健康委員会が31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団から報告を受けた新型コロナウイルス感染による肺炎患者で、現在も治療を受けている患者数は累計3万7626人…
  • 中国湖北省武漢市の総合文化施設「武漢客庁」に開設された臨時医療施設は、新型コロナウイルスによる肺炎で症状の軽い患者を受け入れる。2千床の病床(ベッド)を設置でき、武漢大学中南医院が管理に当たる。
  • 中国チベット自治区では9日現在、新型コロナウイルスによる肺炎と確定診断された患者は1人となっている。その患者は現在、同自治区第三人民医院に入院しており、医療スタッフの行き届いた治療により、容体は安定している。